研究テーマ(Research theme)

関心領域

1.多様な種類の障害者の参加による「地域生活支援」作り:市町村障害者計画と住民会議の運営(大阪府八尾市及び兵庫県豊岡市等をフィールド)、自治体の障害者施策に関する量的、質的調査の企画

大阪府八尾市及び兵庫県豊岡市それぞれにおける、障害者施策に関する住民会議や障害者計画の策定・進行管理に関する会議をフィールドにして、障害者、その家族、ボランティア、自治体職員、医療・福祉の専門職らの相互作用を、アクションリサーチとして研究しています。特に、センスメーキング、ナラティブ、意味といった、昨今の質的心理学の主要な考え方を使っています。関連して、自治体における障害者施策に関する様々な調査に対して、量的、質的研究の双方から企画・助言しています。自由記述データに対するミックスメソッド(KJ法とテキストマイニング)による分析を試みています。

2.中途肢体障害者の心理社会的問題とライフコース

中途肢体障害者が、自分の障害をどのように解釈していくのか、その長期的な変化プロセスに関心があります。転機、他者、時間展望、社会資源、語られた生活構造を構成要素として分析してきました。また、同分野の総説も書き終えています。今後も展開したいと思いますが、数点の書き残し除いて、このテーマは一端終了します。

3.障害者差別解消法に関するナラティブ(業績をご覧下さい)